戸田 祥子
Shoko TODA
 
1981年、東京都生まれ。2006年、東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。アーティスト。風景や気候などをモチーフに、個人的な感覚と共有のあいだで変形する世界を、映像や立体などの手法で展開している。
近年の個展に、「分け目で、踊る」(krautraum、東京、2016年)、「地理に、リズム」3331 Gallery、東京、2011年)など。近年の展覧会に、「食事を終えたら日付をめくり、カレンダーの裏にはいくつかの線を描こう」(krautraum、東京、2018年)、「瀬戸内国際芸術祭」(香川、2013・2016年)、「引込線 2015・2017」(埼玉、2015・2017年)など。
hanage(青木真莉子+秋山幸+戸田祥子)企画として、音楽イベント「(hanage+Sabbatical Company)×sound」(「引込線 2017」、埼玉、2017年)、食べられるアーカイブイベント「追記」(krautraum、東京、2016年)なども行う。
 
Shoko Toda 戸田祥子

https://sites.google.com/site/shokotoda/home

 
krautraum

http://krautraum.com/exhibition/263/2/

 
hanage

https://hellohanage.wixsite.com/hanage
 

 

 
《10月、なし一つ分のなにか》《ドライブ、山々と距離に、有袋栽培》
2018
インスタレーションビュー 
 
 

 
《腹の上の島》
2013
映像インスタレーション(部分)
 
 

 
《壁の解放》
2015
写真、アクリル板
100mm×100mm×4mm  複数枚
撮影:加藤健