水谷 一
Hajime MIZUTANI
 
描く、その方法に焦点を当て、過不足ない表現と伝達を問う事を出発点に、ドローイング制作を中心に活動するアーティスト。高速道路を思わせる鳥瞰的な風景画で2000年代始め、キリンアートアワード等のコンペティションにて発表を重ね、東京(京橋)のINAXギャラリー2での個展『磁力の線画』展(2003年)を経た2004年、国際芸術センター青森において天候や場の状況との共鳴に焦点を当てたインスタレーション作品『襞(ひだ)』を示す。それ以降、国内外の様々なアーティスト・イン・レジデンスに参加し、表現の必然について直感を促す作品を試みる。
 
 

 

 
《表現と光》
2018
木炭・紙
会場:高松市中央卸売市場・加工水産物棟 三階、高松市主催・高松AIR関連事業(香川県)
撮影:田中美句登