「メディアの再発明?」
 

日時:10月5日(土) 17:30-18:20
場所:バー ノーザンライト(雨天の場合は変更)

登壇:大久保あり、藤井匡、森大志郎、小池俊起(ゲスト)

なぜ、展覧会の出品作品に最新のテクノロジーを使用したものがほとんどないのか?
なぜ、インターネット全盛の今日において書籍の重要性が声高に語られるのか?
美術とメディアの関係をめぐる今日的状況のなかで、〈衰退しつつあるもの〉が救済の役割を担う可能性を考えます。
 
 小池俊起(こいけとしき)
グラフィックデザイナー。1989年生まれ。書籍を中心に印刷物のデザインを手がける。最近の仕事に、羽鳥嘉郎 編著『集まると使える——80年代 運動の中の演劇と演劇の中の運動』(ころから、2018年)、『池内晶子|Akiko Ikeuchi』 (gallery21yo-j、2017年)など。「サハ」メンバー。
 
 

 

「Undocumented #02 Love Letters」
製作:大久保あり+小池俊起
 
 

「引込線2017書籍」デザイン:森大志郎
 
 
 
 
 

 
 
 
「メディアの再発明?」
 

日時:10月5日(土) 17:30-18:20
場所:バー ノーザンライト(雨天の場合は変更)

登壇:大久保あり、藤井匡、森大志郎、小池俊起(ゲスト)

なぜ、展覧会の出品作品に最新のテクノロジーを使用したものがほとんどないのか?
なぜ、インターネット全盛の今日において書籍の重要性が声高に語られるのか?
美術とメディアの関係をめぐる今日的状況のなかで、〈衰退しつつあるもの〉が救済の役割を担う可能性を考えます。
 
 小池俊起(こいけとしき)
グラフィックデザイナー。1989年生まれ。書籍を中心に印刷物のデザインを手がける。最近の仕事に、羽鳥嘉郎 編著『集まると使える——80年代 運動の中の演劇と演劇の中の運動』(ころから、2018年)、『池内晶子|Akiko Ikeuchi』 (gallery21yo-j、2017年)など。「サハ」メンバー。
 
 

 

「Undocumented #02 Love Letters」
製作:大久保あり+小池俊起
 
 

「引込線2017書籍」デザイン:森大志郎